ImageMagick

ImageMagick はコマンドで使う画像編集ツールです。昔は animate、compare、composite、conjure、convert、display、identify、import、mogrify、montage、stream というコマンド群からなり、特に convert という変換コマンドがよく使われていましたが、Windows に元々ある convert.exe と混乱しやすいので、今は magick という名前に変更されました。Windows 以外では convert コマンドはまだ使えますが、それ以外のコマンドも含め、すべて magick へのシンボリックリンクになりました。さらに、magick-script という簡易言語のインタープリタも付きました。

インストールは上記サイトの「Download」をご覧ください。私は Mac に Homebrew でインストールしています(brew install imagemagick)。

例えばRGB画像をグレイスケールやCMYKに変換するには次のように打ち込みます:

magick foo.png -colorspace Gray foo-gray.png
magick foo.png -colorspace Gray EPDF:foo-gray.pdf
magick foo.png -colorspace CMYK EPDF:foo-cmyk.pdf

ここで EPDF はいわゆる Encapsulated PDF です。こういう処理を一括して行うには bash などのシェルで

for x in *.png
do
    magick $x -colorspace CMYK EPDF:${x%.png}-cmyk.pdf
done

のようにします。

その他の例:

magick foo.heic foo.jpg  # HEIC→JPG
magick foo.heic -resize 50% foo.jpg   # 半分のサイズに
magick *.jpg foo.pdf     # 全*.jpgを束ねてfoo.pdfにする
mogrify -trim foo.png    # 余分なマージンを削除